告白がウソだったとしても信じてみようと思いました

告白がウソだったとしても信じてみようと思いました

初めて彼氏が出来たのは、中学校2年生の時です。

私は目立たないグループの1人だったので、クラスの男子とも必要最低限位しか話す機会はありませんでした。

ですから、目立つグループの女子達が男子と楽しそうに喋っているのを、ただ見ているだけの毎日だったのです。

そんな中、クラスに1人だけ私にいつも話し掛けてくる男子がいました。

その男子はイケメングループの1人で、おはよっ!と言ってくれたり、暑いと下敷きで仰いでくれたり、困った時は助けてくれたりと男子にあまり関わりのない私にとっては、とても不思議な存在でした。

そんなある日、その男子からなんと告白されたのです。でも私は、きっと何かの罰ゲームだろうと思いました。

だけど、いつも優しくしてくれるその男子なら、騙されてもいいから信じてみようと思い告白を受けました。どうやら本気で告白してくれたみたいで、ちゃんとしたお付き合いが始まったのです。

もちろん、クラス中のみんながビックリしていましたし、特に女子は何であの子があのイケメンと?といった感じでもありました。

その男子と付き合えたおかげで、私はクラスのみんなと以前より仲良くなれたので良いことずくめの初彼でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です