それは後から気付いた恋でした

それは後から気付いた恋でした

私が中学2年生の時、クラスに転入生がやって来ました。

その転入生は、お世辞にも格好良いとは言えない普通の男の子...その転入生が仲良くなった子が、私の親友でした。

ですので、なんとなく親友を通して私とも仲良くなっていったのです。

3年生になっても転入生とは同じクラスで、学年一のイケメンとも一緒のクラスになったのでした。そこで、私はそのイケメンに恋をしました。

転入生のおかげで、憧れのイケメンとも話が出来るようになり、好きな気持ちが膨らんでいったのです。

それに対して転入生の方は、私と目が合う度に「俺のこと好きなんだろ?」とふざけて言ってきます。その時の私は「一体なんなの?そんな訳あるか!」と思いながら無視していました。

イケメンへの恋、はこれといって恋愛に発展することなく私達は卒業しました。しかし、卒業して離れてみてようやく気が付いたのです。私が本当に好きだったのは、転入生の彼の方でした。

毎日のようにふざけ合ったあの頃を、ふと思い出してしまうのです。当時の私は、まだ周りが見えていない子供だったのだなぁと思います。次に会うことがあったら、当時の気持ちを彼に伝えてみたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です